施工事例を掲載しました。弘前市 K様邸(2022年完成)

弘前市 K様邸(2022年完成)
K様のお宅は床面積が30坪未満と広くはないのですが、窮屈さは全く感じさせません。
それは吹き抜けを有効的に活用しているほか、階段の踏板へ隙間をつくったり、部分的にニッチを採り入れるなど、広さを演出する工夫をこらしているためです。
また、収納もファミリークローゼットに集中させているので、コンパクトでありながら生活感が出にくい仕様になっています。


シックな黒をベースにまとめられた外観。玄関周辺や軒下の部分に木質感を採り入れ、シンプルさの中にさりげないおしゃれを演出。

毎日を楽しく過ごせるよう願いを込め、玄関土間に埋め込んだ have a nice day の文字は、家族全員のお気に入り。

玄関から土間続きのシューズクローク。家の中でも清潔にいられるよう設置した小さな手洗い場がポイント。

家族の集まるLDK。キッチン横にはパントリー、背面にはファミリークローゼットや水回りを配置。

家族の衣類は全てファミリークロークに収納。洗濯スペースとバスルームの隣なので、家事動線はスムーズ。

2階ホールから見下ろしたLDK空間。吹き抜けに大きなフィックス窓、白い壁紙の効果で敷地面積以上に広く見えるよう工夫がなされている。

ご主人の希望で設けた書斎は壁紙と木目がマッチした落ち着いた空間。

奥さんにとって、2階のヌックは唯一の個人的なスペース。扉を設けず三角形が空間にかわいさをプラスしている。

子供部屋に設けたロフトは絶好の遊び場。成長に合わせ、将来的には部屋を分割できる様になっている。

2階ホールには子供サイズの作業台もあり、子供達が宿題をする場所として想定されています。

施工事例と特徴